赤身がうまい黒毛和牛!とまん牛をおとりよせ。

2017年の、dancyu5月号「取り寄せカタログ」に掲載され初登場した、
都萬牛(とまんぎゅう)。

霜降りではなく、赤身のうまさを追求した宮崎の畜産家たちの賜物。
普通は24ヶ月ほどの飼育ですが、都萬牛は、33~48ヶ月にもなる長期の飼育を行います。
健康的に長期飼育された牛肉は、肉質が程よくしまり、味わいが濃くなります。

 

都萬牛は、年間出荷数70頭と希少なので、今は月に一度の販売です。
前回は、ほど良く脂の旨味がちりばめられたランプを取り寄せたので、
今回は、がっつり赤身を味わいたいと思いモモを300g注文。

 

長期飼育のあとは、そこから更に、30日以上ウエットエイジングで熟成され、
赤身の旨さを最大限に引き出した上で、肉質を見極め、最良な状態で出荷されてくる。

 

そして届いた赤身肉!モモなのでひたすらに赤い!

 

今、我が家で育てているグリルパンで全面を焼き上げます。
長く焼き過ぎると硬くなるので、レアからミディアムぐらいを目指します。

 

ほんとうに赤身をちゃんと食べていると実感できる牛肉だ。
濃厚で旨味があるのにヘルシーなので、300gなんて一人で食べてしまいそう。
他の部位や料理があるなら2人でちょうど良い量かと思います。
味付けも、焼いた後に塩をパラパラした程度、好みで良いオリーブオイルをかけて
いただくのも良いですね。

 

新たなブランド牛になるのは間違いない、「都萬牛」。
まだ希少なため販売数が限られた月イチの入荷ですが、毎月の楽しみにしたい牛肉です。

●お取り寄せ:宮崎県産 黒毛和牛『都萬牛(とまんぎゅう)』 はこちら

 

(dancyuドットコムスタッフ 松尾)

カテゴリー: おいしい情報 パーマリンク