今年の栗仕事 ‐ 渋皮煮 ‐

今年の栗仕事 ‐ 渋皮煮 ‐

この時期になると、無性に栗の渋皮煮が食べたくなります。秋ですね。

 

作るモードに入ってしまったので、注文した友部の栗が届くのを待ち切れず、
スーパーで4Lサイズの栗を購入。

一晩、水につけて虫を追い出します。
今まで虫を見たことはないですけど、水につけると剥きやすくなります。

ひたすら、ペティナイフでベリッ、ベリッ。
渋皮を傷付けないように剥いていきます。毎年もうやらないと思いつつ、ここに舞い戻ってきます。

剥いた栗は、重曹と一緒に30分ほど茹でる。

こんなにもアクが出てきます。これを水を変えて3回ほど茹でてキレイにし柔らかくする。

そのあと、砂糖と一緒に茹でて冷ましたら、
なんとも、つやつやした仕上がりに。

数日煮汁に漬け込んだあたりが、中まで染みわたっていて美味です。
なんともお茶やコーヒーにあう逸品です。牛乳もイイ。

名店の味も良いですけど、自分で作るのもまた別格。
栗は終わりが近づいているので、見かけたら挑戦してみてはいかがでしょう。

●今なら丹波栗のおまけ付き、食べ納め、
『お買い得 “傘開き” 丹波摂津の松茸』の特集ページは→こちら

作って知るカテゴリの最新記事