紅玉でアップルパイ

紅玉でアップルパイ

この時期に取り寄せしている林檎に紅玉があります。
昔ながらの甘酸っぱくて、小玉の真っ赤に輝くりんごです。

 

今年も注文。

自然の中で作られた、この紅の発色の良さはいつも驚くほど。

手のひらサイズの可愛いやつ。

割ってみると、わずかに蜜が入っていることがわかります。普通の紅玉ではまずほとんどない。
糖度もそれなりにあるのですが、酸味をより際立たせています。

いくつか楽しんだあとは、お待ちかねのアップルパイに。

今回は皮さらイチョウ切りにして煮込みます。

するとこんなキレイなピンク色に!砂糖も全く入れないで本来の甘酸っぱさを味わうことに。

まさに、THE・紅玉のアップルパイ。
甘くない大人のOYATSU。

昨今の甘ったるいアップルパイに辟易した方にオススメです。
何も言わずに出したら柑橘系のパイと思われるかも。

皮が気になる方は長めに煮込んでジャムに。
今年の紅玉の取り扱いは終わってしまいましたが、
来月は「こみつ」で挑戦してみたいと思います。

●特集:『百年の樹齢を重ねる昔ながらの紅玉』
●特集:『究極の蜜入りりんご 青森産「こみつ」』

作って知るカテゴリの最新記事