邪を払う、じゃばらにはまる師走。

邪を払う、じゃばらにはまる師走。

2年前に珍しい柑橘「じゃばら」と出会ってその魅力に取りつかれました。
今では、のど飴や調味料などの加工品で目にすることも増えたのではないでしょうか。

 

見た目はお世辞にも綺麗とはいえませんが、そこで見向きもしないのは実に勿体ないです。
気候に耐え、ゴツゴツした表皮と緑のスジにエネルギーを感じます。

『邪気を払う』がその名の由来とされ、原産地 和歌山県北山村などの地域で、
昔から縁起ものとして正月料理に欠かせない食材です。
抗酸化物質フラボノイドの一種であるナリルチンやナツダイダインが豊富に含まれる、
マニアックなファンがいる柑橘の一種です。

その用途は実に多彩!
くし切りにして、すだちやレモンのように使ったり、

お酒に入れてジャバラハイ、ジャバラドリンク。

ジューサーでコールドプレスジュース。

他に、ハチミツ漬けやジャバラジャムもおすすめですが、
ゆず湯の代わりに、「じゃばら湯」なども是非お試しいただきたいところ。
呼吸から、肌から、じゃばらパワーをたっぷりと吸い込んでみてください。

お酒を飲む機会が増える年末年始、翌朝にジャバラの果汁ジュースをグビッと飲んで、
心も身体もリフレッシュ!してみてはいかがでしょうか。
今年は、酸味だけでなく甘みもあり、酸味が苦手な方にもお試しやすくなっているそうです!

●お取り寄せ:静岡県産『いたくらさんちのじゃばら』はこちら

(※『じゃばら』は貯蔵性に優れた果実。ポリ袋に入れて冷暗所に保管すれば、
春先までみずみずしい状態を保つことができます。)

食べて知るカテゴリの最新記事