食べ納め。

食べ納め。

季節がめぐるとやって来るのが、食材の食べ納めの時期。
冬の食べ物は、3月になるとほぼ終了を迎えてしまいます。
いつも、食べよう食べようと思っていて食べ逃しているものを
今年は食べることができました。

まずは、天然鴨。(今年は、鴨が痩せてきたため例年より早く2月末で終了)

青首限定(オス)です。

1月にスタッフと鴨鍋をしましたが、あまりの美味しさに取り合いになったため(大人げない;)
落ち着いて食べられなかったので、じっくり味わってやります。

この野性味あふれる力強い味わい。これは一度食べたら、毎年冬には注文したくなる。
来年度も、取り寄せチェックリストに追加間違いない。

それと、鴨と言えば、セリです。(2月末で終了)

本場、三関せりは、根っこがここまで長い!
セリは根を食うもの、それはこれを見たら納得してしまうでしょう。

根っこ、根の付け根、茎、葉と余すところなくいただきます。
しゃぶしゃぶする程度で鴨と一緒に・・・このシャキシャキ感が堪らない。

せっかく、5袋あるのでいろいろな食べ方をと、おひたしにしたり、

天ぷらにしたり。揚げ立てがナントもうまい!特に根と茎の間の部分!!

なかなか近年は、根が育たず収穫が難しいそうで、販売期間が不安定でした。
来年度は、11月初めからしっかり注目しておきたいと思います。

そう言っている間にも、先ほど終了してしまったのが、
dancyu2017年の11月にも掲載された、祇園にしむらの「八坂の雪」
千枚漬け終了に伴う、今季終了です。10月からの販売開始を楽しみにお待ちください・・

いつか食べよう、まだいいかな、と思っているうちに販売が終わっていた、結構ありますよね。
季節はめぐり旬の時期はまたやってきますが、思い立った時に味わってはいかがでしょう。

●お取り寄せ:いつか食べよう!を今食べる『食べ納め!特集』はこちら

食べて知るカテゴリの最新記事