骨付きの東京しゃもで、絶品から揚げ!

骨付きの東京しゃもで、絶品から揚げ!

dancyuドットコム店長の萩原です。
東京しゃも、それもオスです!

ちょうど、先日dancyuの町田編集部長を交えて、自宅で食事会をしたのですが、そのために手に入れた東京しゃもです。(その模様をまた後ほど)

あまり細かなことを考えないで、豪快に出刃包丁で骨ごと叩き切ります。二度揚げするので、大きくても大丈夫です。

オスの東京軍鶏の肉は水気が少なく締まっています。味はいわゆる雄らしい味で、私は好きです。肉の味が濃いです。※脂が少なく固いので、一般受けしないようですが・・・

味付けはシンプルで十分に美味しい!です。
日本酒とお醤油、すった生姜とお好みでにんにくをたっぷり!片栗粉を入れて、手を使って、全体に混ぜます。片栗粉と日本酒は肉の量に応じて適当に調整ですが、醤油は多すぎると台無しになるので、慣れないうちは少なめにすると良いです。今回は半羽で大さじ2強でした。塩気はこれだけです。

ラップして一日冷蔵庫で寝かせます。揚げる3時間前には室温に戻すのを、忘れないように!

揚げるのは2回、1回目は160度でじっくり。普通に揚げますが、骨付きで大きいので、完全に火は通りません。揚げてから、10分くらい休ませ、次は180度~200度で仕上げです。

皮付きのじゃがいも、ついでに揚げました。これもうまい。甘さとは無縁。濃厚な肉の味がたまりません!

赤ワインでもいけちゃいます。食べきれない分は冷蔵庫で3日は楽しめます。温めると、『先ずはビール』のあてに最高です。

身体のことを考えると、本当は最初は野菜料理が良いのですが・・・

作って知るカテゴリの最新記事