【秋ど真ん中】10月 中盤の旬カレンダー

【秋ど真ん中】10月 中盤の旬カレンダー

究極の蜜入りんご「こみつ」がいよいよご予約解禁!松茸も出荷開始しています。

齋藤農園の3代目 齋藤瑠璃子さんの特大・西明寺栗

今年8月に地域団体商標に登録された秋田県の「西明寺栗」です。一般的に、栗は1粒30g程で特大と言われますが、西明寺栗の3Lサイズは1粒50gを超える事も珍しくなく、日本一大きい栗とも言われています。齋藤さんは栗を大きく成長させるため、1粒1粒に十分な光が当たるように整枝・剪定・間伐を行っています。10aあたりの収穫量も収穫が可能とされる量の半分以下まで抑え、秋になり樹上で完熟した栗が自然にボトリと落ち、それを拾います。十分な光と栄養を吸収した齋藤さんの西明寺栗は実がふっくらとしています。今年も齋藤農園の特大西明寺栗をお楽しみください。

「秋田県産 特大栗『齋藤農園の西明寺栗』」の詳細はこちら

 

岡山の黒枝豆「作州黒」を未熟と完熟で二度味わう!

岡山県の中北部、勝英地方特産の黒豆「作州黒」は、大粒で、こっくりとした豆本来の甘さとコクが特徴です。10月後半の「作州黒」は、10月前半出荷のような、見た目が青い枝豆らしい状態からより黒豆に近づき、サヤに黒味が混ざって見た目こそ悪くなりますが、熟度が増し、味はほっこりとして栗っぽく、さらに風味が豊かになります。枝豆用の品種では味わえない滑らかな舌触りで煮豆には最高です。酒の肴としてはもちろん、お子様のおやつや献立の一品としても喜ばれます。

「岡山県産 黒枝豆『完熟 作州黒(さくしゅうぐろ)』」の詳細はこちら

 

祇園の名店「にしむら」の季節限定品!新もの千枚漬けをまとった鯖寿司「八坂の雪」

「祇園にしむら」の名物である鯖寿司は、真っ白な千枚漬けが鯖の上にのった様を八坂神社に降る雪に見立てた「八坂の雪」の銘で知られています。千枚漬本家「大藤」の千枚漬、「祇園にしむら」主人の西村元秀の目にかなった最上級の大型で釣り物の生鯖、酢飯が一体となり、極上のしっとりした深い味わいを醸し出します。鯖はその日の脂ののりで微妙に異なるものの、三枚におろしてたっぷりの塩で覆い、1時間30分から2時間ほど。さらに約1時間、甘酢に漬け込んで仕上げています。

「祇園にしむら 千枚漬鯖寿司『八坂の雪』」の詳細はこちら

 

180日以上飼育した土田さんの究極の比内地鶏!ご注文後に捌いて冷蔵便で直送

秋田県能代市で20年以上、比内地鶏を育ててきた土田さんの自信作「究極の比内地鶏」です。秋田県の方に聞くと、同じ県の比内地鶏のひよこから育てても、土田さんのように大きくて立派な鶏に育たないそうです。比内地鶏の飼育日数は、通常「オス100日以上、メス150日以上」ですが、土田さんの比内地鶏の飼育日数は180日以上。鶏は成長してから餌を多く食べるため非常にコストがかかります。規定よりも30日以上長く飼育する土田さんの比内地鶏は、大きくて、かなり濃厚な味わいでありながら、お買い得な鶏といえます。一般的な鶏肉のようなにおいとは無縁で、胸肉ですらしっとりとしています。他の比内地鶏と比べて肉が硬くないのも驚きです。

「秋田県 土田農場の究極の『比内地鶏』」の詳細はこちら

 

山形県で誕生した西洋梨「メロウリッチ」

2009年に品種登録された山形県生まれの西洋梨の新品種「メロウリッチ」です。カットするだけで果汁が滴り落ちるほどジューシーで、果肉は柔らかく舌触りが滑らか。名前の通り、鼻の奥に残る芳醇な香りが素晴らしい品種です。糖度はおよそ16度、ラ・フランスが14度前後ですので甘さも濃厚です。 西洋梨の一大産地 山形県で最も多く栽培されている「ラ・フランス」よりも味わいに優れ、かつ早期に収穫できる品種として育成されました。まだまだ生産量が少なく、ほぼ流通していません。最も手に入れられない国産西洋梨の1つであることは間違いないです。

「山形県産 西洋梨『メロウリッチ』」の詳細はこちら

 

リピート率9割を誇る看板商品!究極の蜜入りりんご「こみつ」

カットした断面の7割、多いものではほとんど全てが蜜に占められる「こみつ」は、蜜の多さに驚くだけでなく、強烈甘い果汁が溢れだし、味が明らかに濃厚です。2007年の初年度のご案内は80箱でしたが、それから少しずつ生産量を増やして、昨年は13,500箱が完売。口コミやお客様同士のご紹介でじわじわと知名度が高まり、いまやこみつは地域の一大産業に成長しました。産地からの情報では「台風の影響で収穫量は昨年の10%減になる見込み。今年は寒暖差もあり蜜入りは良いだろう」とのことです。今年も最高に美味しいこみつをお届けします!

「究極の蜜入りりんご『こみつ』」の詳細はこちら

 

⇒毎日、おいしい食材や新商品をお知らせ!dancyuドットコムのメルマガ登録はこちら

Newsカテゴリの最新記事