年末の集まる場にセンスのある手土産を。

年末の集まる場にセンスのある手土産を。

お歳暮までとはいかないけど、年末のちょっとした手土産やギフトにおすすめするグルメをご紹介します。

宝桃園の『桃之夭々』(もものようよう)

透明のビンから見える、肉厚に切られた色合いの美しい桃のコンポートは、保存料、添加物を一切使わずに、天然水と果糖だけで作られています。使われる桃は、人気が高く一般流通も限られる希少な「幸茜」です。

生の桃そのままの食感を保ち、口の中に広がる果汁は甘すぎることもなく、絶妙な美味しさ。デザートにピッタリです。

宝桃園の『桃之夭々』(もものようよう)の詳細はこちら

やまえ栗の 『大粒利平渋皮煮』

近年は航空会社のファーストクラスや特別列車のメニューにも採用されるなど、熊本県山江産の希少な栗「やまえ栗」を選りすぐって手作りする渋皮煮です。

糖度が高い利平栗の持ち味を大切に、すっきりとしたグラニュー糖のみで仕上げています。お茶請けはもちろんのこと、ラム酒や焼酎など度数の高い酒にもよく合います。

やまえ栗の 『大粒利平渋皮煮』の詳細はこちら

清光堂の『まるごとみかん大福』

愛媛県産のみかんを1個まるごと白あんと大福生地で包んだ清光堂の「みかん大福」。解凍具合によって、外は、もちもち、中はシャーベットのような食感をお楽しみいただけます。

可愛い化粧箱入りですのでギフトにお薦めです。

清光堂の『まるごとみかん大福』の詳細はこちら

キュルノンチュエの『白かび熟成の乾燥ソーセージ』

飛騨の奥地で作られた、燻製好きにはたまらないキュルノンチュエの“白かび熟成の乾燥ソーセージ”です。カマンベールのような白かびの独特の風味、濃厚な肉の旨味、熟成感のある甘味には、ワインや他のお酒にもよく合います。

おしゃれなパッケージで手土産に喜ばれます。

キュルノンチュエの『白かび熟成の乾燥ソーセージ』の詳細はこちら

オギノの『パテ・ド・カンパーニュ』

雑誌dancyuにもたびたび登場、フレンチレストラン「OGINO」のパテ・ド・カンパーニュ。肉好きワイン好きがいる場には持って行きたい逸品。

オギノの『パテ・ド・カンパーニュ』の詳細はこちら

魚政の『MATSUBAR』

ただの蟹の缶詰と思うことなかれ、山陰産の松葉ガニ・せこ蟹をそれぞれ100%使用した贅沢な缶詰です。

松葉ガニ缶詰には活け状態約700g級の松葉ガニ1杯分、せこ蟹缶詰には活け状態約200g級のせこ蟹1杯分が余すことなく入っています。さりげなく出せば、ホンモノのカニ缶に驚きと、宴の話題になること間違いなし。

魚政の『MATSUBAR』の詳細はこちら

Newsカテゴリの最新記事