水沢うどんの名店「大澤屋」と老舗カレー屋「デリー」のコラボ企画、「キーマカレーうどん」をお取り寄せ。

水沢うどんの名店「大澤屋」と老舗カレー屋「デリー」のコラボ企画、「キーマカレーうどん」をお取り寄せ。

カレーうどんというと一般的に、カレー汁がいっぱいのものを想像しますが、今回ご紹介するのはそもそもベースがキーマカレーという一風変わったカレーうどんです。

うどんは、日本三大うどんの一つ群馬県の水沢うどん。老舗「大澤屋」からお取り寄せです。

なかでも「游喜庵」(ゆうきあん)は、大澤屋のカレーうどん専門店。

注目は、合わせるカレー。そのキーマカレーを「デリー」が作っているということ。

開封していきます。

2人前で、うどんとキーマカレーソースが各2セットずつ入っています。

水沢うどんは、小麦粉、塩、水沢の水だけで作られたうどんです。

うどんは、カレーうどん専用の半生うどん。

たっぷりのお湯で茹でるのがポイント。麺が透明になったところでザルにあげ、水で締めてコシを出します。その後で、さっとお湯に通しておきます。

温めておいたキーマカレーをかけて出来上がり!素揚げされた舞茸も具材として入っています。調理例としてパッケージにしし唐も描かれていましたが薬味なども入れずこれだけで十分です。

キーマカレーはこのカレーうどんのために開発された特別なもの。だし汁が強いものと違い、スパイスが効いたカレーソース。辛さもちょうど良いくらいで、汁で流し込むというより、カレーライスのように食べられるカレーうどん。かと言ってキーマのパサつき感もなく、うまくうどんと融合しています。

デリーとのコラボは他に「ガラマーチャうどん」があります。こちらはデリーの人気商品カシミールをベースにした辛いカレーうどん。皮付き豚バラ肉が良いトッピングです。

カレーうどん好き・デリー好きはもちろん、普段わざわざカレーうどんを食べないという方も、やみつきになるひと味違ったカレーうどんを一度堪能してみてはいかがでしょう。

『水沢うどん 大澤屋』の詳細はこちら

食べて知るカテゴリの最新記事