【6/6発売】東京の味わい方

【6/6発売】東京の味わい方

dancyu7月号のテーマは「東京」。先日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」 でも植野広生編集長が出演した時に、その裏側が特集されました。

2017年8月号で「美味東京」特集を掲載して、あれから2年。世の中の食いしん坊たちが求めている、“いまスゴイ店”と“前からスゴイ店”の、いまこそ本当に味わってほしい東京をご紹介しています。

第2特集は、「新しい中華」。ナチュラルワインとのニュースタイルや、ハーブ+スパイス+発酵の技を駆使するなど、次世代の中華界をリードするであろう30代店主や、中国人シェフの郷土料理店など新しい風が吹き始めています。

dancyuドットコムの今月のお取り寄せカタログは「鏡山牧場の放牧黒毛和牛」です。黒毛和牛の特徴と言えば、見事なサシと柔らかで口どけの良い肉質ですが、鏡山牧場が目指した黒毛和牛は違います。牧野を走り回って脂肪を燃焼させた、霜降りでないことが魅力の赤身のうまい肉です。宮崎県延岡市の鏡山牧場には、春夏秋冬、雨でも雪でも、放牧地で牧草だけを食べて育つ黒毛和牛がいます。自然の中であるがままの環境で育て、肉本来の味わいを引き出す狙いがあります。自然放牧で足腰が強く、元気に生き抜いてきた牛です。歯応えがあってもよいから、健康的な牛を選びたい、赤身のおいしい肉を食べたいという方にオススメします。強い赤身の旨味に負けないフルボディの赤ワインがよく合います。

希少な最大4 Lサイズ!大粒なだけでなく華やかな香りもある、京都府城陽市産の完熟梅「城州白」もおすすめです。

「dancyu2019年7月号のご案内」はこちら

Newsカテゴリの最新記事