土用の丑の日だけじゃない、名店の蒲焼から缶詰・刺身まで!こだわり鰻のお取り寄せ特集。

土用の丑の日だけじゃない、名店の蒲焼から缶詰・刺身まで!こだわり鰻のお取り寄せ特集。

1年のうち7月になると鰻の消費量が一気に増えますが、愉しみ方は蒲焼だけではありません。発送当日に焼き上げる老舗の蒲焼はもちろん、冷凍品ならいつでも食べられますし、缶詰はレトロな常備品にもなります。近年では刺身としても食べることができ愉しみ方が広がっています。

九州小倉の鰻専門の店「田舎庵の鰻」

昭和元年創業、鰻料理屋名店の三代目が焼き上げる、小倉「田舎庵」緒方弘さんの鰻蒲焼を自宅で味わうことができます。「すし、うなぎ、てんぷら 〜林修が語る食の美学〜」(宝島社刊)でも紹介、食通としても知られる林修先生が認める、鰻料理の田舎。主人、緒方弘さんの厳選した鰻に、どこにも負けない焼きの技術。dancyuでも度々特集を組んできました。日本全国を探しまわり、各地の志の高い養鰻家の育てたものを厳選。蒸さずに地焼きだけ、火力を使いこなす独特の技術で、鰻の味を凝縮します。旨味を最大限に引き出し、皮目はパリッと中はふっくらと香ばしい蒲焼きです。

福岡県小倉 田舎庵『国産 鰻の蒲焼き』の詳細はこちら

滋賀長浜「魚三の鰻の蒲焼き」地焼き仕上げ

炭火で焼き上げる鰻は、香ばしさが違います。職人が焼き上げたその日の冷蔵便で出荷します。国産の養殖鰻を厳選し、活けで仕入れます。地下水の生簀で数日泳がせ、泥臭さを取ります。手開きして串に刺し、炭火でふっくらと焼いて、できあがり。蒲焼きは、焼き上がりで200g。白焼きは190gほどなので、食べ応えあります。開きの状態で300g級の大物鰻なのです。うな丼、うな重なら、もちろん蒲焼きです。

滋賀長浜 魚三『国産 鰻の蒲焼き』の詳細はこちら

焼き立ての香ばしさを届けます「魚三の鰻の白焼き」

日本酒でつまむなら、こんがり色づいた白焼き。発送当日に焼き上げ冷蔵便でお届けします。白焼きは山葵醤油が一番合います。日本酒や焼酎とあわせれば最高の肴になります。タレも付くので、最後の一口だけご飯で〆ることもできます。

滋賀長浜 魚三『国産 鰻の白焼き』の詳細はこちら

ほろ苦さとタレの甘辛さがお酒と合う「鰻の肝焼き」

活〆した鰻を、職人が1尾1尾丁寧に手開きし、新鮮な生の肝を串刺しにし丁寧に焼きあげています。1本の串には3匹分のうなぎの肝を使用しており、栄養もたっぷりです。秘伝の甘めのたれも程良く、そのままお酒のおつまみにも重宝します。数量確保が難しいため、1回のご注文につき2セットまでの注文です。

琵琶湖魚三『鰻の肝焼き』の詳細はこちら

「鰻の山椒しぐれ煮」

新鮮な活うなぎの蒲焼にもうひと手間かけ、じっくり炊き上げ、うなぎのやわらかさを残しつつ、味を含ませて山椒の香りよく仕上げています。あつあつご飯によく合いますので、そのままご飯のおともに、または簡単にお茶漬けにして食べるのもおすすめです。

琵琶湖魚三『鰻の山椒しぐれ煮』の詳細はこちら

昭和9年創業「浜名湖食品の極大うなぎ蒲焼」

うなぎは大きさによって格段に味が変わると言われます。特に原料の魚体が300g超えてからこそ、本来のうなぎの脂ののりと風味が増すというのが、静岡でうなぎ専門に昭和9年創業の浜名湖食品の職人たちの説です。今回この浜名湖食品から特別に、原料で1尾400g・蒲焼にして240g前後という、特大サイズのうなぎを用意していただきました。養殖うなぎは時間をかければそれなりにサイズが大きくなりますが、身は硬くなりがちです。本品は専門の職人が目利きし、若いながらも成長が早く、身質が良く脂が絶妙なものを選び丁寧に焼き上げています。伝統のたれは同社で創業以来、継ぎ足し継ぎ足しで受け継がれてきた自家製です。

浜名湖食品『大うなぎ蒲焼』の詳細はこちら

昭和の美味!「うなぎ蒲焼き缶詰」は缶切り必須

現存する日本最古のうなぎ加工場ともいわれる、浜名湖食品の歴史ある工場で生まれる缶切り必須の懐かしい缶詰です。戦前からの、超ロングセラー食品。中までシッカリ味が染み込んだ、佃煮風の食感で山椒やワサビでもあればよい酒のつまみになります。昭和の懐かしのご馳走をどうぞ。

浜名湖食品『うなぎ蒲焼缶詰』の詳細はこちら

新たな美食!独自の製法が生み出す「うなぎの刺身」

極めて薄造りの身は、ふぐ刺にも似たコリコリした食感です。うなぎ独特の旨味がのった上質な脂が甘く広がります。浜松の日本料理店「魚魚一」主人が、全国で初めてお届け商品化に成功した「うなぎの刺身」です。

静岡県浜名湖産『うなぎの刺身』の詳細はこちら

 

いかがでしたでしょうか。栄養豊富で、これからの時期のスタミナ食材「鰻」。特別な日だけではなく、日常的に大事に堪能したい逸品です。

dancyuドットコム『うなぎ特集』の詳細はこちら

Newsカテゴリの最新記事