江戸の粋を現代に昇華させた、手打ちそばの名店中の名店

東京・世田谷 東白庵かりべ『夏のそば前』2人前 全6品 ※冷蔵

商品説明

江戸の粋を現代に昇華させた、手打ちそば屋の名店中の名店、東京・世田谷の千歳烏山駅にある「東白庵かりべ」に夏の味覚をふんだんに使ったそば前を送ってもらいます。
家で作るにはかなり苦労する、お酒好きの苅部さんの思いが詰まったセットです。どれも日本酒が進む、素晴らしい逸品です。

【穴子の煮つけ】
江戸前の代表的な魚である穴子。豊洲市場で仕入れた200g級のものを使います。
しっかりとぬめりをとり、霜降りにし臭みを取り切ってから、日本酒、上白糖で20分ほど中火で優しく炊いて柔らかくしてから、2種の醤油と砂糖で炊き、ひと煮立ちしたら煮汁から引き上げ、完成です。
短時間で煮つけるので、身はフワフワです。穴子の旨味が凝縮したツメも同梱します。

【穴子の煮凝り】
上記の煮つけで使った出汁を鯖節や鰹節、昆布、椎茸で作った出汁で割り、ゼラチンで固めています。
穴子の旨味が凝縮した、見た目も涼しい酒の肴です。

【牛タン旨煮】
希少な国産黒毛和牛のタンをごく弱火で、香味野菜と一緒にゆっくりと煮込み、丸一日かけて作ります。
煮汁がつまってから、醤油や塩で味を調えます。箸でほぐれるほど柔らかで、優しい味付けです。
アクセントに粉山椒もお付けします。

【蛸の燻製】
穴子と同じく、豊洲市場で仕入れた国産の蛸を使い、4日間もかけて作る、手間暇かけた一品です。
柔らかく仕上げるために、砂糖や塩などでソミュール液を作り、3日寝かせてから、水にさらし塩抜きます。
4日目に温燻でゆっくりと熱を加えて完成です。スモーキーな香りを纏った旬の蛸は、しっとりと柔らかで、旨味が凝縮しています。

【トマトのワインビネガー漬け】
苅部さんが使う蕎麦粉の産地である長野県黒姫のトマトを使用。黒姫は、寒暖差の激しい土地なのでトマトの甘みが引き立ち、色がとても濃いのが特徴です。湯剥きし、上白糖、白ワインビネガー、鰹節、鯖節で3日間つけた美しい一品です。

【胡瓜の醬油漬け】
箸休めにほしくなる野菜のつまみも用意しました。塩もみした胡瓜を鰹節、鯖節、醬油味醂、上白糖、梅干し、胡麻油、豆味噌で5〜7日間つけて作ります。小気味のいい胡瓜の食感と胡麻油の香り、出汁が美味です。

ご紹介しているそばともすべて同梱できます。せいろそば、冷かけ、ぶっかけそばの3種のラインナップです。
バラエティー豊かなそば前と、好みの酒で吞んでから、香り豊かなそばで〆る。至福のひと時をお約束します。

■お得な4人前セットはこちら

この商品は出荷日を指定できます
配送 ヤマト運輸(東京)

お届け先が東京都の送料 946円(税込)

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

×のし不可 ×メッセージ入れ不可

価格9,000円(税込)

販売期間:8/10 00:00 ~ 9/26 08:00 販売終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • ※商品の性質上、2日以上かかる地域はご利用になれません
    ※食べ方のリーフレットをお付けしてお届けします
  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 東白庵かりべ
商品番号 M004-771-7-00018
セット内容 2人前(トマトのワインビネガー漬け:80g、穴子の煮つけ:70g、穴子の煮凝り:120g、牛タン旨煮:160g、蛸の燻製:40g、胡瓜の醬油漬け:45g)
原材料名 【トマトのワインビネガー漬け】
トマト(国産)、上白糖、白ワインビネガー、鰹節、鯖節
【穴子の煮つけ】
穴子(国産)、日本酒、上白糖、醤油(小麦、大豆含む)
【穴子の煮凝り】
穴子(国産)、鯖節、鰹節、昆布(国産)、椎茸、日本酒、上白糖、醤油(小麦、大豆含む)、味醂、ゼラチン
【牛タン旨煮】
牛タン(国産)、酒、塩、玉葱、にんにく、長葱、生姜、胡椒、醤油(小麦、大豆含む)
【蛸の燻製】
蛸(国産)、上白糖、味醂、胡椒、塩、酒、醬油(小麦、大豆含む)
【胡瓜の醬油漬け】
胡瓜(国産)、鰹節、鯖節、醬油(小麦、大豆含む)、味醂、上白糖、梅干し、胡麻油、豆味噌
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
消費期限 到着日当日にお召し上がりください。
保存方法 冷蔵
出荷期間 8/9 ~ 9/30
販売情報 販売期間:8/10 00:00 ~ 9/26 08:00 販売終了

【東白庵かりべ】
東京・世田谷の千歳烏山から徒歩7分ほど。閑静な住宅街にある蕎麦屋です。
店主の苅部政一さんは、1975年12月生まれ。19歳の時から江戸そばの名店「竹やぶ」の当時の主人である阿部孝雄さんの元で16年修業。
この修業期間のことを苅部さんは"青春時代"だと話します。
その後、主人から名付けてもらった「東白庵かりべ」を店名にし、神楽坂で独立。2019年から縁があり世田谷の千歳烏山に移転しました。