下関の仲買から直送

『国内養殖とらふぐ身欠』 600g前後×2本 ※冷蔵

商品説明

国産の養殖トラフグの質はとても向上しています。天然ものよりとてもお求め易くなっているので、料理の幅も広がります。「みがき」とはふぐの内臓等を除去したものです。身を刺身にしたら、アラでふぐちり、から揚げも楽しむ事ができます。注文を頂いてから活けのものを捌いてお届けします。
【真空パックでお届けします。写真の箱はつきませんのでご了承下さい】

目利きの一押し

天然とらふぐは高価で手が出ない方にはこちらがお勧めです。味比べをしましたが、刺身以外(ちり、揚げ物、焼きもの)ではほとんど天然との差は感じませんでした。さすがに刺身では天然の香りと食感に軍配が上がりますが、これも同時に食べ比べないと気がつかないと差だと思います。600gが2本あれば、刺身で300gはたっぷり取れます。もちろん、中骨でちりも良いし、焼き物も美味しいです。贅沢にふぐのから揚げなんかも良いです。自宅であれば、最高レベルの養殖ふぐ三昧がこの価格で楽しめます。
株式会社食文化 代表取締役 萩原章史

【この商品はお届け日の指定が可能です】
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 ×代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格16,200円(税込)

販売中

カートへ入れる

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 着日と時間は必ずご指定ください。もし時間指定が無い場合は16〜18時でお手配させていただきます。

店舗からのお知らせ(酒井商店)

  • 当社が所属する下関唐戸魚市場仲卸協同組合では、ホルマリン使用養殖とらふぐを一切扱わないとの決議をいたしております。
    今後も厳守致して参りますので、ご安心してお召し上がりいただけます。
  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

       
店舗 酒井商店
商品番号 T0170-S0003
セット内容 トラフグみがき600g×2本
原材料名 養殖とらふぐ (国産)
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限 3日
保存方法 冷蔵

「みがき」とはふぐの猛毒の内臓部分を除去してあるものです。注文を頂いてから活けのものを捌いてお届けしています。皮もむいてあるものが付いてきますので、あとは好きな食べ方に捌くだけです。身を刺身で頂くのはもちろん、「中骨」や「かま」の部分はふぐちりにしたり、から揚げで楽しむ事が出来ます。2〜3人で刺身、ふぐちりが十分楽しめる量です。天然物に比べ、お求め易い価格で気軽に注文でき、色々な料理にチャレンジできます。

【フグ刺しの作り方】
基本的に出刃包丁でさばきます。

①3枚におろす:中骨もちり鍋や焼き物に使うので、身をたっぷり残しておきます。まず、頭と身の部分を切り離します。次に、中骨に沿って、頭の方から包丁を入れます。この時、中骨に身をたっぷりと残しておくのがコツです。特にウグイス(肛門付近の円錐形の肉)は必ず中骨に残しておきます。尾びれの付け根まで滑らかに包丁を入れます。その後、中骨を適当な大きさに切ります。ちり鍋用の場合はひとくち大に、焼き物用は大きめに切り分けます。

②身を切り分ける:3枚におろした身のほうには、身皮と呼ばれる膜がついているので、それをへぎとります。身皮の面を下にして包丁を入れます。切り終わるとまな板に身皮が残るようなイメージです。もう片方の身皮もへぎ取ります。切り取った身皮は湯引きして食べます。切り出した身の部分は同じ厚さになるように2枚に切り分けます。1本の身欠から4枚のさくが取れることになります。

③皮と身皮を湯引きする。:氷水を用意し、大きい鍋に湯を沸かして少量の塩を入れて湯引きします。まとめてお湯に入れるのではなく、1枚1枚丁寧に処理します。お湯の中で皮が透明になったら引き上げ、氷水で冷やします。氷水から引き上げ、ペーパータオルなどでよく水気を取ります。

④刺身にする。:刺身包丁をよく磨いておくことが1番のポイントです。尾の方から包丁をいれていきます。尾の方は身が細いので包丁を寝かし、身が太くなるにしたがって、包丁を立てて、身の大きさが一定になるように引きます。

⑤菊盛にする。:薄切りにした身を皿に外側から並べます。並べた身の中心線がお皿の中央を指すように並べ、綺麗な円になるようにします。中央に湯引きした皮などを盛って完成です。中骨やカマの部分は適当な大きさに切り分け、ちり鍋にしていただきます。

お薦め調理法

から揚げの作り方

※フグの捌き方は「フグ刺の作り方」を参照してください。
(材料)トラフグ(カマ、中骨、頭)、濃口醤油、七味唐辛子、片栗粉、揚げ油、レモン
①フグをさばいて、カマ、中骨、頭を切り分け、適当な大きさに切り分けます。
②濃口醤油に七味唐辛子を混ぜ合わせて漬け汁を作り、フグを約2分間漬けます。
③フグを取り出して片栗粉をまぶし、160℃に熱した揚げ油で揚げます。揚がり際は油の温度を180℃に上げて、油切れをよくします。
④油を切って、器に盛ります。くし形に切ったレモンを添えて出来上がりです。

この商品の取扱い店舗

酒井商店この店舗の商品一覧

当店は、ふぐの出荷では日本一の下関唐戸魚市場創設時からの仲買で昭和26年より創業しております。現在は3代目の酒井一(さかいはじめ)が代表取締役として、築地市場をはじめ全国に水産物を出荷しています。その中心はもちろんとらふぐです。天然・養殖物いずれにも対応いたします。ふぐのことならどんなことでもご相談ください。ふぐの専門店ならではの品質と価格でお届けいたします。

HOTワード
#お中元2019 #蒸しウニ缶詰 #あゆ漁解禁 #じゅんさい #国産生ライチ #日本産マカ #レモンオリーブオイル #牛乳瓶ウニ #八木澤商店 奇跡の醤(ひしお) #うなぎ蒲焼の缶詰