とらふぐ取扱量日本一・南風泊でも屈指の老舗仲卸直送

『天然とらふぐの身欠』 1本 600g前後 ※冷蔵

商品説明

天然のとらふぐを注文を受けてから捌いてお届けします。
刺身・ちり・から揚げ等で天然トラフグをたっぷり味わう事ができます。
「みがき」とはふぐの内臓等を除去したものです。カマ部分・皮(湯引き前)等、天然トラフグの全てを堪能できます。
※調理の仕方はページ内の調理方法を参照ください。

【真空パックでお届けします。写真の箱はつきませんのでご了承下さい】
詳しい【下関トラフグ】コーナーはこちら

目利きの一押し

ふぐ好きの方には絶対に食べて欲しいです。
天然トラフグをお腹1杯食べてこのお値段です。身をおろすのと皮を湯引きにする手間は掛りますが、その手間は十分に価値があります。
この天然トラフグの身欠を召し上がれば、4人家族でも 『あー当分 ふぐは食べなくてもいいや』 となること間違い無しです。
ご注文に際して、3つだけ絶対に守って頂きたいことがあります。
ひとつ目は良く切れる包丁を用意すること。
二つ目は必ず細いネギを買っておくこと。
三つ目は上質なポン酢を用意することです。後は素材が美味しい食べさせてくれます。
萩原章史

【この商品はお届け日の指定が可能です】
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 ×代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格12,960円(税込)

販売期間:'17/12/5 00:00 ~ '18/3/30 15:00 販売終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 着日と時間は必ずご指定ください。もし時間指定が無い場合は16〜18時でご手配させていただきます。

店舗からのお知らせ(酒井商店)

  • 当社が所属する下関唐戸魚市場仲卸協同組合では、ホルマリン使用養殖とらふぐを一切扱わないとの決議をいたしております。
    今後も厳守致して参りますので、ご安心してお召し上がりいただけます。
  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

店舗 酒井商店
商品番号 T0170-S0035
セット内容 トラフグみがき1本 600g前後
原材料名 天然とらふぐ (国産)
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限 3日
保存方法 冷蔵
出荷期間 '17/12/10 ~ '18/4/3
販売情報 販売期間:'17/12/5 00:00 ~ '18/3/30 15:00 販売終了

「みがき」とはふぐの猛毒の内臓部分を除去してあるものです。注文を頂いてから活けのものを捌いてお届けしています。皮もむいてあるものが付いてきますので、あとは好きな食べ方に捌くだけです。身を刺身で頂くのはもちろん、「中骨」や「かま」の部分はふぐちりにしたり、から揚げで楽しむ事が出来ます。2〜3人で刺身、ふぐちりが十分楽しめる量です。天然のとらふぐを心ゆくまで堪能できます。詳しい処理の仕方はこちらのページでもご覧になれます。

【フグ刺しの作り方】
基本的に出刃包丁でさばきます。

①3枚におろす:中骨もちり鍋や焼き物に使うので、身をたっぷり残しておきます。まず、頭と身の部分を切り離します。次に、中骨に沿って、頭の方から包丁を入れます。この時、中骨に身をたっぷりと残しておくのがコツです。特にウグイス(肛門付近の円錐形の肉)は必ず中骨に残しておきます。尾びれの付け根まで滑らかに包丁を入れます。その後、中骨を適当な大きさに切ります。ちり鍋用の場合はひとくち大に、焼き物用は大きめに切り分けます。

②身を切り分ける:3枚におろした身のほうには、身皮と呼ばれる膜がついているので、それをへぎとります。身皮の面を下にして包丁を入れます。切り終わるとまな板に身皮が残るようなイメージです。もう片方の身皮もへぎ取ります。切り取った身皮は湯引きして食べます。切り出した身の部分は同じ厚さになるように2枚に切り分けます。1本の身欠から4枚のさくが取れることになります。

③皮と身皮を湯引きする。:氷水を用意し、大きい鍋に湯を沸かして少量の塩を入れて湯引きします。まとめてお湯に入れるのではなく、1枚1枚丁寧に処理します。お湯の中で皮が透明になったら引き上げ、氷水で冷やします。氷水から引き上げ、ペーパータオルなどでよく水気を取ります。

④刺身にする。:刺身包丁をよく磨いておくことが1番のポイントです。尾の方から包丁をいれていきます。尾の方は身が細いので包丁を寝かし、身が太くなるにしたがって、包丁を立てて、身の大きさが一定になるように引きます。

⑤菊盛にする。:薄切りにした身を皿に外側から並べます。並べた身の中心線がお皿の中央を指すように並べ、綺麗な円になるようにします。中央に湯引きした皮などを盛って完成です。中骨やカマの部分は適当な大きさに切り分け、ちり鍋にしていただきます。

お薦め調理法

ふぐちりの作り方

※フグの捌き方は「フグ刺しの作り方」を参照してください。

①フグを3枚におろし、身は厚めのそぎ切りにします。
②土鍋に昆布を入れ、水から火にかけます。煮だったら昆布を取り出し、中骨を先に入れてダシが出るようにします。
③野菜、フグの身を入れ、ポン酢でいただきます。
④具が無くなったら、雑炊を作ります。塩で味をととのえながらご飯を入れ、沸騰したら火を止めて、溶き卵を流し入れ、小口切りのアサツキを散らし、蓋をして3分間蒸らします。茶碗に取り分けて、好みでぽん酢をかけて食べるのも美味しいです。

この商品の取扱い店舗

酒井商店この店舗の商品一覧

当店は、ふぐの出荷では日本一の下関唐戸魚市場創設時からの仲買で昭和26年より創業しております。現在は3代目の酒井一(さかいはじめ)が代表取締役として、築地市場をはじめ全国に水産物を出荷しています。その中心はもちろんとらふぐです。天然・養殖物いずれにも対応いたします。ふぐのことならどんなことでもご相談ください。ふぐの専門店ならではの品質と価格でお届けいたします。

HOTワード
平成30年度産の新米 黒あま モン・ドールA.O.P. ホットカシミールカレー 謎のジャンボ落花生 活け伊勢海老 ビオレソリエス のどくろ 栗マロンかぼちゃ dancyu元氣食堂 じゃこ天 本場ドイツのホットドック 国産まつたけ 新銀杏 えんざら メープルレッド 土田さんの比内地鶏