長崎県平戸産「活うちわえび」大サイズ 約2kg 無選別 10〜14匹 ※冷蔵

商品説明

【2kgがひと箱に入った状態でお届けいたします】
天然の活うちわえびです。九州の西端、長崎県 平戸市 志々伎(しじき)町は魚介類の宝庫です。志々伎漁協で水揚げされるうちわえびは、「オオバウチワエビ」という品種にあたり、一般的なうちわえびよりも身が厚く、しっかりとした歯ごたえがあります。味も濃く、食味も良いです。
「ぜひ生で味わってほしい」と”活け”でご用意しました。エビのぷりぷりした食感や甘みを是非、お刺身でお楽しみください。また塩茹で、味噌汁、天ぷら等でも美味しくお召し上がり頂けます。

長崎平戸産「活うちわえび」について詳しくはこちら

※商品画像は「大サイズ 約1kg(無選別・5〜7匹)」です。実際は「大サイズ約2kg(無選別・10〜14匹)」をお届け致します。
※お刺身の場合、「お召し上がりになる時点で活け状態のもの」をお召し上がりください。
※活きた状態で発送致しますが、運送状況によって活きたままお届けできない場合もございます。
※離島など一部、時間指定が出来ない地域がございますので、予めご了承ください。
※天候や水揚げ状況により、発送まで1週間ほどお待たせする場合もございます。ご都合がつかない等、ご希望がございましたらメッセージ欄にご記入下さい。

目利きの一押し

ウチワエビはイセエビの種類に属し、沖縄のセミエビを小さくした感じです。見た目はグロテスクですが、身の味は素直で、やはり、イセエビに近い上品な印象です。活けの状態で届きますので、刺身や洗いもよいですが、やはり、加熱して旨みを凝縮した方が美味しいかとも思います。私はシンプルに塩茹で食し、さらに、イタリアン風にガーリック・唐辛子・トマト・オリーブオイルのベースで、半割にしたウチワエビをソテーしてから、軽く煮て食べましたが、甲羅の旨みがソースに出て、後のスパゲッティも美味しく頂けました。つまり、素材が素直なので、どんな料理でもOKというのが私からの一言です。
萩原 章史

【この商品は配達日指定が出来ません】
配送 ヤマト便(2017) 

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格11,950円(税込)

販売期間:'18/9/20 00:00 ~ '19/7/31 10:00

水揚げ次第順次出荷販売中

カートへ入れる

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • ※年内は12/15までの注文分につき、12/26までの出荷となります。
    ※注文を受けてから一週間程度の発送予定となっておりますが、水揚げ状況により発送が遅れる場合がございますので期日指定はできません。
    ※代引き手数料: ご注文代金と送料の合計が10,000円以下の場合は手数料324円を頂戴いたします。
    ※熨斗やメッセージカードをご利用の場合、濡れないようビニールに包み、箱の中に商品と同梱させていただきます。
    ※配送伝票は箱に直貼りになります。予めご了承ください。
    ※8/13〜9/12までは産卵のため休漁となります。

店舗からのお知らせ(九州特産品販売)


  • ●入荷状況次第では、年内のお届けが難しい場合がございます。
    ●うちわえびの出荷のご連絡が出荷当日にできない場合がございます。お受け取りが難しい方は、申し訳ございませんがご遠慮ください。
    ●のしは簡易のしでの対応となります。発泡の中に袋に入れる形となり、名入れ等はお受けできません。あらかじめご了承ください。
  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

       
店舗 九州特産品販売
商品番号 T0295-S0005
セット内容 活けうちわえび:大サイズ 約2kg(10〜14匹) ※冷蔵
原材料名  
獲得ポイント ログインして確認
消費期限 発送日より冷蔵3日
到着日当日に限り活けの場合生食可。到着日翌日は加熱してお召し上がりください。
※生鮮物ですので、お早めにお召し上がりください。
保存方法 お届け:冷蔵
※保存方法として茹でてから冷凍も可能です。
販売情報 販売期間:'18/9/20 00:00 ~ '19/7/31 10:00

見た目そのものが団扇(うちわ)に似ていることから「うちわえび」と呼ばれています。活きたままお届け致しますので、お刺身としてお楽しみいただけます。もちろん塩ゆでや味噌汁もおすすめです。

【団扇海老(うちわえび)とは】
水深300mまでの浅い海の砂泥底に生息し、成体に泳ぐ能力はありません。底を歩行して生活しています。敵に出会うと尾を使い素早く後ろに飛び退く動作を行います。体長15〜20cmほどで、上から押しつぶされたように平たいのが特徴です。頭の部分が円盤形で上から見ると和名:団扇(うちわ)のように見えることから名称がついたと言われています。
志々伎漁協で水揚げされるうちわえびは、細かく言えば「オオバウチワエビ」という品種にあたります。オオバウチワエビは、一般的なうちわえびよりも身が厚く、しっかりとした歯ごたえがあります。味も濃く、食味も良いです。

お薦め調理法

うちわえびのお刺身

1. 胴と頭の境目に、表と裏から浅く包丁を入れる
2. 頭と胴を引き離す
3. 腹がわの殻との境目に包丁を入れ、皮を剥ぐ
4. スプーンで身を取る
5. 頭は半分に割る
※頭や殻は、味噌汁に入れると、良いだしが出ます。

この商品の取扱い店舗

九州特産品販売この店舗の商品一覧

九州各地域の名物、特産品を産地より直送しております。商品によっては、 限定数量の為、手に入りにくい場合もありますが、旨いもの、 珍味等を提供していきたいと思います。

HOTワード
#お中元2019 #蒸しウニ缶詰 #あゆ漁解禁 #じゅんさい #超特大5Lマンゴー #日本産マカ #レモンオリーブオイル #牛乳瓶ウニ #八木澤商店 奇跡の醤(ひしお) #うなぎ蒲焼の缶詰