『ボラ子』国産(大阪、愛媛 他)3腹(1腹200gUP)※冷蔵【豊洲市場直送】

商品説明

1腹200gUPの大サイズのボラ子です。
ボラ子は1腹につき2本ありますので、3腹ということは、約6本分入っていることになります。
豊洲市場では、ボラの卵巣を「ボラ子」と呼びます。塩漬けにして、乾燥すると”カラスミ”になります。
このまま、軽く火を通して、お召し上がり頂けますが、この機会に是非とも”カラスミ作り”にチャレンジしてみては如何でしょうか。時間はかかりますが、塩抜きや、つけ汁につけ込む作業など要所を押さえれば、大きな手間はかかりません
※実際の商品は3腹でお送り致します。3枚目の画像は、当社の萩原が作ったカラスミです。是非「カラスミ」作りに挑戦してみて下さい。

◆豊洲市場から直送!新鮮な魚介類はこちら

【この商品は配達日指定が出来ません】
配送 日本郵政もしくは佐川急便(朝市用)

送料を確認する

お支払方法 カード ×銀行振込 ×代引き

×のし不可 ×メッセージ入れ不可

価格14,000円(税込)

販売期間:10/31 00:00 ~ 11/1 22:30 販売終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • ※品質保持の都合上、出荷から2日かかる地域へのお届けは御遠慮ください。 お届けの難しい地域:沖縄、北海道、九州地域

店舗からのお知らせ(豊洲市場ドットコム(鮮魚販売店))

  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

       
店舗 豊洲市場ドットコム(鮮魚販売店)
商品番号 T0317-S0058
原材料名 ボラの卵巣
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
賞味期限 出荷日より冷蔵で3日間
保存方法 冷蔵
販売情報 販売期間:10/31 00:00 ~ 11/1 22:30 販売終了

◆カラスミ(唐墨)◆
ボラの卵巣を塩漬けにして、干して固めたもの。
江戸時代より、肥前国のからすみは、越前国の塩ウニ、三河国のコノワタとともに、日本の三大珍味と呼ばれてきました。
約400年前、トルコやギリシャで考案されたものが、中国を経由して日本に伝わったと言われており、日本では1588年(天正11年)、佐賀県(肥前)の名護屋で長崎代官が豊臣秀吉公にカラスミを献上したことが始めとされいます。
一説によると、そのとき、秀吉にその名前を聞かれた代官が、”中国の墨石”に似ているところから、「唐墨」(からすみ)と答えたことから、その名がついたと言われております。

お薦め調理法

カラスミの作り方

①ボラ子(ボラの卵)を多めの粗塩につけ、容器に入れて冷蔵庫で1週間から10日間保存する。
②半日(12時間)くらい、水に漬けて、塩抜きをする。
③水気を拭き取り、酒と焼酎を4:1の割合で作った漬け汁に1日漬け込む。
④取り出して、水気を再度拭き取り、軽く塩をして、水分を抜く。
⑤風通しの良いところで干し、ある程度、硬くなったら、天日干しをする。
⑥約10日間くらい、陰干しと天日干しを繰り返して、完成。

この商品の取扱い店舗

豊洲市場ドットコム(鮮魚販売店)この店舗の商品一覧

東京豊洲市場の卸会社・仲卸と連携し、日本中から入荷する最高のレベルの食材を目利きしてお客様に直送します。最高の鮮度・味の良さを追求し、入荷したその日のうちにご自宅に届ける豊洲の新たな取り組みです。プロ向けの魚介をご家庭にお届けします。

HOTワード
#最新号 松葉蟹 #祇園にしむら #来島海峡 神経締めの鯛 #安納紅芋 #古串屋 おせち #四川飯店 おせち #hayari ソーセージ #菱沼農園 のむもも #日本産マカ #蜜入り林檎 こみつ #モン・ドールA.O.P.