アミノ酸不使用「国産フカヒレ姿煮(吉切鮫 胸ヒレ)」210g×2P 千葉県館山 信和キンシ ※冷凍

商品説明

当社限定!うま味調味料不使用で、レトルト食品ではない国産のフカヒレ姿煮です。

作ってくれたのは1963年創業 千葉県館山にある信和キンシです。昨年11月に都内で開催された展示会で3代目加藤公司社長と出会い、それから丸一年、試行錯誤を重ねて完成しました。
主原料のフカヒレは、宮城や千葉など国内で水揚げされた吉切鮫の胸ヒレ。それを洗浄し、繊維を壊さないよう慎重に黒い皮と骨を取り除きます。その後フカヒレ本来の旨みを引き出すため再び数日間天日干しして下処理は完了です。
煮込むスープには、アミノ酸をはじめ余計なものは一切使用しません。これは加藤さんがうまいもんドットコムのためだけに作ってくれたものです。
最初は既存のスープからアミノ酸を抜いて塩を強くしましたが、しょっぱさだけが際立ってしまい再検討。 その後、出汁のうま味を強くするために材料や配合を試行錯誤しましたが何か物足りない。ただ出汁をとる食材を増やすだけではコストだけが増えてしまう。 次々と出てくる課題を克服し、最終的には国内メーカーのアミノ酸不使用のオイスターソースを隠し味に使うことでバランスを整え、塩を足さなくてもしっかりとうま味が感じられる美味しさに仕上がりました。

「フカヒレ姿煮」の商品自体は店頭でもネット通販でもよく見かけますが、ほとんどがレトルトパウチで密封して加圧加熱殺菌したものです。レトルト食品であれば常温で賞味期限も長いので流通には向いていますが、本来の旨さや風味は失われます。
このフカヒレ姿煮込みは、出来立ての美味しさをそのまま味わえるよう、加圧加熱殺菌せずに急速冷凍しています。金糸の心地よい食感、素朴でありながら深みのある味わい、レトルト食品にはない風味をお楽しみいただけます。

◆同梱できる冷凍コーナーはこちら

「(株)食文化 船橋出荷店(冷蔵・冷凍)」の商品は合計10,800円(税込)以上のお買い上げで配送料無料(お届け先1箇所につき)

【この商品はお届け日の指定が可能です】
配送 佐川急便

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格4,980円(税込)

販売中 在庫数 58

カートへ入れる

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • 実際にお届けするのは2パックとなります。画像よりも少し大きなサイズのヒレでご用意いたします。

店舗からのお知らせ((株)食文化 船橋出荷店(冷蔵・冷凍))

  • ギフト包装はできかねます。
    ※同梱できる場合で送料を重複していただいた場合は、ポイントにてご返金いたします。
  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

       
店舗 (株)食文化 船橋出荷店(冷蔵・冷凍)
商品番号 T0274-S0253
セット内容 アミノ酸不使用 国産フカヒレ姿煮(吉切鮫 胸ヒレ)210g×2P(ヒレは60〜70gのものを使います)
原材料名 吉切鮫、醤油、牡蠣油、酒、鶏油、鶏スープ、塩、片栗粉、ゼラチン、玉ねぎ、にんにく、酵母エキス、酸化防止剤(ビタミンE) (原材料の一部に小麦、大豆、鶏肉、豚肉、りんごを含む)
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
賞味期限 製造日より1年
保存方法 要冷凍 -18℃以下

千葉県は宮城に次ぐフカヒレ産地です。一説によると館山に寄港したマグロ漁船が縄にかかったサメを落としていったことが、今でも館山に残るサメを食べる文化の始まりで、かつては民家の庭先にフカヒレが干されている光景もよく見られました。
その館山で1963年に創業した信和キンシは、フカヒレメーカーとして全国のホテル・レストラン向けに日々、フカヒレ商品を作っています。
社名の由来はフカヒレの「金翅(きんし)」。 昔は黒皮付のヒレ(原ビレ)や乾燥したものを戻して、皮を剥き繊維をほぐし、さらにもう一度乾燥させる乾燥金翅とが主流でしたが、手間暇がかかるため、今では行っている作り手はほとんどいません。
しかし信和キンシは、しっかりと二度乾燥させることにより美しい黄金色で、フカヒレの醍醐味であるプチプチとした心地よい食感に仕上げています。創業から頑なに守り続けている伝統の品をお届けします。

この商品の取扱い店舗

(株)食文化 船橋出荷店(冷蔵・冷凍)この店舗の商品一覧

東京豊洲市場の卸会社・仲卸との連携で、日本中から入荷する最高のレベルの食材をさらに吟味し、お客様に直送します。最高の鮮度・味の良さ・低価格・安定供給・多品種セットなど、豊洲ならではの商品企画を実現します。

HOTワード
#モンドール チーズ #金華さば缶 #祇園にしむら #来島海峡 神経締めの鯛 #安納紅芋 #荻窪 すぱいす #デリー カシミール #葉山 マーロウ #タンギョー 来々軒 #蜜入り林檎 こみつ #松葉蟹 #ピェンロー 鍋