1/27(水) 午前2時から午前3時までメンテナンスのお知らせ

メンテナンス直前にお買い物をされていると、カートに入れた内容がリセットされますのでご注意ください

広島料理の名店の味をお届け!

かき船 かなわ『かきの土手鍋セット』 2人前(むき身200g×2P、かきの土手味噌200g) ※冷蔵

商品説明

老舗広島料理店「かき船 かなわ」の土手鍋です。
ご家庭で手軽に土手鍋をお楽しみいただけるよう生牡蠣と特製土手味噌を詰合せました。
慶応3年創業「かき船 かなわ」の牡蠣は、広島県が指定する清浄海域(生食用海域)の中でも塩分濃度が高い広島県大黒神島深浦にある養殖場で育ちます。海水塩分濃度が3.1%以上の海で育成した牡蠣は、身が締まっており、加熱しても身が縮みにくいです。獲れたてのものを天然海水の清浄海水を一緒にパックに詰めてお届けいたしますので、海中と同じ潮味になっていてかきの鮮度も保たれています。
味噌は広島県呉市焼山の老舗発酵食品メーカー「ますやみそ」が、かき船 かなわ専用に開発した味噌を使用。別名「奥二河(おくにこう)の水」と呼ばれる銘水を使用し、米味噌、麦味噌、豆味噌をバランス良く配合しました。甘めの味噌で鍋にしたときに辛すぎないのが特長です。
土手のようにふちに味噌をつけ焦がして食べても美味しいですが、かき船 かなわでは直接鍋に回し入れて使用します。
味噌の濃さを調節しつつお好みの野菜と一緒にお楽しみください。
※味噌のパッケージ裏面には4人前と記載ありますが、〆を考慮すると2人程度でお使いいただくのがおすすめです。そのためページ上では「2人前」と記載しています。

◆全国の厳選おすすめ鍋はこちら
◆かき船 かなわの商品はこちら(おかわり用牡蠣や3〜4人前もございます)

【この商品はお届け日の指定が可能です】
配送 ヤマト運輸(広島)

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格3,700円(税込)

販売中

カートへ入れる

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

店舗からのお知らせ(株式会社かなわ)

  • ※当店の商品はすべて化粧箱に入れてお届けいたします。熨斗もご利用lいただけます。贈答用にもお使いくださいませ。
    ※離島へのお届けの場合は着日の指定ができかねます。また生鮮品のためお届けができかねてしまう可能性もございます。ご注意ください
  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

       
店舗 株式会社かなわ
商品番号 T0486-S0001
セット内容 かき船 かなわ「かきの土手鍋セット」 2人前(生食用牡蠣むき身200g×2P、かきの土手味噌200g) ※冷蔵
原材料名 【味噌】米みそ(大豆、米、食塩)(国内製造)、水あめ、麦みそ(大麦、大豆、食塩)、エキス(かき、かつお、酵母)、豆みそ(大豆、食塩)、醸造調味料/酒精、(一部に大豆を含む)
【牡蠣】生カキ(広島県産)
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
消費期限 生カキ:製造より5日 味噌:製造より180日
保存方法 冷蔵

慶応3年創業「かき船 かなわ」は、広島牡蠣の草分けとして旨くて安心安全の生牡蠣をお届けしています。 生牡蠣は、広島湾の沖合約30kmの瀬戸内海でも屈指の透明度を誇る清浄海域、大黒神島深浦の筏で育成採取されたものです。この海域は広島県指定の生食用かき採取指定海域の中でも特に水が綺麗と言われ、塩分濃度も高く味に深みがあり身の締まった風味豊かな牡蠣が育ちます。収穫された牡蠣は、現地のかなわ深江工場で処理し、海水とともにパック詰めされ、冷蔵便または航空便で百貨店や直営店に出荷されます。
この一元管理により生でも召し上がれる品質に仕上げます。

お薦め調理法

土手鍋の作り方

1. 鉄鍋又は土鍋に100ccの水又はだし汁とみそをいれ火にかけます。(みそが焦げ付かないよう中火にしてください)
2.野菜を軽く洗って最初に白菜を入れ煮立ってきたら椎茸、ねぎ、しらたき、豆腐を入れ、最後にかきを入れます。 3. かきのえら(かきのひらひらした部分)が縮んできたら食べ頃です。
※あまり煮すぎるとかたくなりうまみが逃げますのでご注意ください。
※弱火でゆっくり煮立ててゆくのがコツです。
おろし生姜や七味を少々加えても、いっそう風味が増し美味しく召し上がれます。
最後に、うどん・餅・ごはんなどを入れ、〆るのもおすすめです。

●かき船 かなわでは、出汁は鰹でとったものを使用しています。出汁10:味噌7で混ぜて加熱し、その後野菜から順に鍋具を入れていきます。この時、水分量を見ながら味噌を足す事もあります。よりかなわ流を楽しみたい方はご参考ください

この商品の取扱い店舗

株式会社かなわこの店舗の商品一覧

かき船はその昔、広島のかき養殖業者が、かきを船で大阪の川岸まで運び、そこで直売をしていたことに由来します。 そして様々なかき料理の魅力を広く伝えたいと、昭和37年、「かき船 かなわ」が誕生しました。養殖業としては、さらなる昔、慶応3年(1867年)に創業し、広島かきの安全性とおいしさの伝統を、 今もなお、守り続けているのです。 海で大切に育てた「かなわ」のかきを、かなわ各店でお出しするのは、生産者の顔がはっきりと見え、 かきの安全性・品質・味に自信があるからこそ。 四季の趣とともに、世界中から多くのお客さまに親しまれています。

HOTワード
#ピエンロー鍋 #高橋さんのいぶりがっこ #活き締め鮟鱇 #祇園にしむら #魚三 天然鴨 #高山さん 柚子胡椒 #デリー カシミール #葉山 マーロウ #タンギョー 来々軒