工場直送!出来立てをお届けする特別企画。母の日にも間に合います

無凍結・アミノ酸不使用『国産フカヒレ姿煮(吉切鮫 胸ヒレ)』300g×2P 千葉県館山 信和キンシ ※冷蔵

商品説明

工場直送!もちろんアミノ酸不使用!できたての国産のフカヒレ姿煮をお届けする特別企画です。
レトルト食品と違う、無凍結ならではのスープの香りと金糸の歯ごたえを感じることができます。

原材料には1枚あたり140〜150gとおおぶりな吉切鮫の胸ヒレを使用しています。
今回は迫力、食べ応えにこだりました。繊維は尾びれと同等のプリっとしています。ふわっと溶けてなくなるような食感は、まさに中華を代表するご馳走です。
元々はレストラン用に作っていましたが相次ぐ休業要請により、生産者である信和キンシも厳しい状況に。
原料の胸ヒレも動かなくなってしまいました。フードロス削減と生産者支援のため、しかもいつもと違った楽しみ方をしていただきたく販売いたします。

煮込むスープには、アミノ酸をはじめ余計なものは一切使用しません。これは加藤さんが当社のためだけに作ってくれたものです。
最初は既存のスープからアミノ酸を抜いて塩を強くしましたが、しょっぱさだけが際立ってしまい再検討。 その後、出汁のうま味を強くするために材料や配合を試行錯誤しましたが何か物足りない。ただ出汁をとる食材を増やすだけではコストだけが増えてしまう。 次々と出てくる課題を克服し、最終的には国内メーカーのアミノ酸不使用のオイスターソースを隠し味に使うことでバランスを整え、塩を足さなくてもしっかりとうま味が感じられる美味しさに仕上がりました。
母の日やゴールデンウィーク中の御馳走にお使いください。

■1P規格はこちら

【この商品は配達日指定が出来ません】
配送 ヤマト運輸(千葉)

送料を確認する

お支払方法 カード ×銀行振込 代引き

×のし不可 ×メッセージ入れ不可

価格9,720円(税込)

 販売終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • ※工場より直送のため熨斗のご用意が出来かねます。また簡易包装でお届けします
    ※4P(2セット)まで送料1口でお届けします
  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

       
店舗 信和キンシ
商品番号 T0507-S0001
セット内容 ≪母の日≫無凍結・アミノ酸不使用『国産フカヒレ姿煮(吉切鮫 胸ヒレ)』300g×2P 千葉県館山 信和キンシ ※冷蔵(1パックあたり、フカヒレ140〜150gに対しタレ150〜160gです)
原材料名 吉切鮫、醤油、牡蠣油、鶏油、鶏スープ、豚スープ、塩、片栗粉、ゼラチン、玉ねぎ、にんにく/酵母エキス、酸化防止剤(ビタミンE) (原材料の一部に小麦、鶏肉、豚肉、りんご、ごま、ゼラチンを含む)
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
消費期限 発送日含め4日間
保存方法 冷蔵
販売情報  販売終了

作ってくれた信和キンシは1963年創業 千葉県館山にある水産加工会社です。2018年11月に都内で開催された展示会で3代目加藤公司社長と出会い、それから丸一年、試行錯誤を重ねて完成しました。
主原料のフカヒレは、宮城や千葉など国内で水揚げされた吉切鮫の胸ヒレ。それを洗浄し、繊維を壊さないよう慎重に黒い皮と骨を取り除きます。その後フカヒレ本来の旨みを引き出すため再び数日間天日干しして下処理は完了です。

「フカヒレ姿煮」の商品自体は店頭でもネット通販でもよく見かけますが、ほとんどがレトルトパウチで密封して加圧加熱殺菌したものです。レトルト食品であれば常温で賞味期限も長いので流通には向いていますが、本来の旨さや風味は失われます。
このフカヒレ姿煮込みは、出来立ての美味しさをそのまま味わえるよう、加圧加熱殺菌せずにそのままパックにしています。金糸の心地よい食感、素朴でありながら深みのある味わい、レトルト食品にはない風味をお楽しみいただけます。
お家で贅沢にお召し上がりください。

この商品の取扱い店舗

信和キンシこの店舗の商品一覧

1963年創業。フカヒレに関しては良い商品とは産地ではなく、いかに手をかけることが良い商品を生むかを知ってもらいたい。毎日触ってるからこそ、当たり前の流れ作業になっていないか。どの原料をどう処理するかは、鮮度、温度、手間のかけかたが左右する。産地としてはメジャーではないが、フカヒレのように黄金色に輝くキラリとひかる存在でいたい。中華の王様ではあるが、シャンパーニュに合うフカヒレや、山廃純米酒に合うフカヒレ作りなどおうち時間をもっと豊かになるような商品作りを目指します。

HOTワード
#ピエンロー鍋 #高橋さんのいぶりがっこ #活き締め鮟鱇 #祇園にしむら #魚三 天然鴨 #高山さん 柚子胡椒 #デリー カシミール #葉山 マーロウ #タンギョー 来々軒