小林硝子工芸所

明治41年、小林菊一郎は東京都江東区猿江町で江戸切子を継承する大橋徳松に師事。これが江戸切子小林の始まりです。一般的に江戸切子は、「割り出し」、「粗摺り(あらずり)」と工程を進めますが、小林硝子工芸所の場合はこの間に「筋彫り」という一工程が入るのが特徴です。一品物を手がけることが多かった二代目が提唱した工程で、このことにより正確無比な江戸切子小林のカッティングが誕生しました。この精緻な仕事は、初代・菊一郎さんから英夫さん、そして現在は三代目の淑郎さんと四代目を継ぐ昂平さんに亘り受け継がれています。

創業年:1911
代表者:小林 英夫

4商品

透 ワイングラス

44,000円(税込)

  • 販売中

青被・赤被  オールドグラス

44,000円(税込)

  • 販売中

江戸切子 透 酒盃 1個

16,500円(税込)

  • 販売中

透 酒盃

33,000円(税込)

  • 販売中

4商品

HOTワード
#安納紅芋 #生おせち #中華おせち #秋映りんご #飯塚さんのぶどう #のどくろ #菱沼農園 のむもも #日本産マカ #黒いちじく #ぶどうの宝石箱 ヴェレゾンスクエア #丹波摂津の松茸 #モン・ドールA.O.P. #ホットカシミールカレー