齋藤農園『西明寺栗』秋田県産 Lサイズ 約1kg×2袋 《ご自宅用》 ※常温

商品説明

栗の中でも粒の大きさは日本一と言われる西明寺栗は、Lサイズだと幅は3cm程の大きさで重さは20〜25gもあります。
西明寺栗をより大きく育てるために齋藤農園では、整枝や剪定、間伐を行い、栗の枝にしっかりと光が行き届くよう手入れを徹底的に行います。
一般的な栗は、十分な施肥を行うことで、多くて10aあたり500kgの収穫が可能と言われていますが、齋藤農園はLサイズでわずか200kg程の収穫量です。数と量を犠牲にして大玉と味を追求した、まさに究極の西明寺栗です。
黄色を帯びた果肉はやや硬く、粉質で味が抜群に良いです。渋皮も薄く煮崩れしなにくいので、渋皮煮での評価が高い栗でもあります。
1kgずつネットで小分けにされている為、自宅用としての使い勝手がよいです。
素朴で懐かしさを感じる優しい味わいは老若男女問わず気に入っていただける味です。
今年は生産者の齋藤さん曰く、平成2年以来の大不作。食害も多く中々数量の確保が難しかったのですが、当店のお客様のために優先的に分けていただきました。10/20以降収穫でき次第出荷します。11月中旬までにはお届けできる見込みです。今年の西明寺栗をお楽しみください。
※特集ページには「栗おこわ」のレシピも記載していますので、ぜひ、ご参考ください。
◆西明寺栗の特集ページはこちら
◆旬の野菜はこちら
◆人気商品TOP10

目利きの一押し

西明寺栗のL玉は20g〜25gあるので、かなり大きいです。
齋藤農園の場合、特に大玉傾向なので、スーパーなどで一般的に販売されている栗よりは大きめです。
この商品は ご自宅用=思う存分食べて頂く規格 ですので、インパクトがある、日本一大きいサイズがご希望な方は、木箱入りの特選がおすすめです。
ただ、西明寺栗をシンプルに楽しむのであれば、このLサイズでも十分かもしれません。

【この商品は配達日指定が出来ません】
配送 佐川急便

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格4,100円(税込)

10/20以降順次出荷◇ 売り切れ

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • ※沖縄への発送に関しては別途送料をお問い合わせください

店舗からのお知らせ(齋藤農園)

  • こちらの商品の発送業者は、出荷時間帯を考慮し「佐川急便」「ヤマト運輸」「ゆうパック」のどれかにてお手配致します。
    お受け取り日時のご希望がある場合は、購入の際に「リクエスト欄」にご記入いただくか、お客様サポートまでお問い合わせください。できる限り調整いたします。
  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

       
店舗 齋藤農園
商品番号 T0180-S0006
セット内容 西明寺栗 Lサイズ(ご自宅用) 1kg前後×2袋
原材料名 秋田県産 栗
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
消費期限 ビニール袋に入れてチルド(2〜5℃)で保管頂くと1ヶ月ほど美味しく召し上がれます。
保存方法 冷蔵(10℃以下、推奨5℃以下)

【西明寺栗とは】
300年程前に「京都の丹波地方」や「美濃の養老地方」より苗木を取り寄せ、秋田藩主が凶作対策として栽培を奨励したことに始まります。 その後も自然交配による栽培を続け、その過程で大きな栗だけが選別された為、現在の『日本一大きな栗』の品種として完成されたと言われています。
毎年、仙北市では栗の大きさを競うコンテストが開催され、重さが66g(鶏卵Lサイズ以上)もある巨大栗が出品されたという記録も残されています。
品種の特徴として果肉は、ほのかに黄色味を帯び、やや堅さがあります。渋皮は薄く、煮崩れしないという特徴を持つ為、渋皮煮にした時の評価が高い栗です。
【齋藤農園のこだわり】
大きな栗に成長させるためには木々に光が行き渡ることが重要とされています。つまり整枝・剪定そして間伐を充分に行わない環境で育てると実が小さく、多くなる為、一般的に10aあたり200〜500kgの収穫が可能と言われています。
そこを、斎藤さんはLLサイズを育てるために10aあたり100〜150kg、Lサイズで10aあたり200kgの収穫量を目安として管理しています。 この『こだわり』が3Lサイズの栗を生み出します。その努力の結果、齋藤農園ではLサイズが全体の収穫率の50%を占め、40%がLLサイズという高確率で巨大栗に成長します。
【栗ごはんの作り方】
栗は鬼皮と渋皮をむき冷水につけたまま、アク抜きをします
(※時間がある時は水に浸けたまま一晩冷蔵庫に入れておくことをお勧めします。)
一度、水を替えて塩を一つまみ入れて一煮立ちさせて下味をつけます。
洗った米(米:もち米、3:1)に一割増しの水と栗、酒、塩を加えて炊きこみます。
炊きあがった後、仕上げに醤油を数滴たらすと香りよく仕上がります。
【栗渋皮煮の作り方】
渋皮に傷を付けないよう丁寧に鬼皮をむきます。
鍋に栗を入れ栗が十分浸るくらいの水と小さじ1杯の重層を入れ30分程弱火で煮詰めアクを出します。
水を入れ替え、再び重層を加え20分くらい茹で、1回目と同様に流水できれいにアクを流します。
栗と同量の砂糖を入れ、栗が隠れるくらいの水を加え1時間程、煮ます。
仕上げに塩を一つまみ加え、さらに1時間煮て火を止め含ませて出来上がりです。
【産地の知恵】
栗は拾ってすぐに食べるよりも生のまま冷蔵庫(チルド)で一ヶ月〜一ヶ月半程度保存してから食べると最も美味しく頂けるそうです。特に西明寺栗は糖度が3倍以上になり甘い栗になります。
また冷蔵庫(チルド)で保存したあと冷凍保存すると長期間美味しいままで保存できます。
産地の方は、冬の間は雪の下に保存しておくそうです。でもその場合、小動物に食べられてしまう事があるそうです。
食べるときは、解凍してから茹でると煮崩れてしまうので、解凍せずに圧力釜で15分程度蒸すのがお薦めです。
※本製品は、収穫してからすでに二週間近くチルドで保存してから出荷しております。
※渋皮煮を作る場合は乾燥すると皮が剥けにくくなるので、日にちを置かないで調理して下さい。

この商品の取扱い店舗

齋藤農園この店舗の商品一覧

齋藤農園の作物は、綺麗な土と水がある場所でしか咲かないカタクリの花の咲く場所で栽培しています。食べ物の本来の味を大切にして、美味しいと思うものしか作りません。そして、自然に優しい 清流”大石川”の水で栽培をしています。こだわりを持ってわが子のように育てた作物、どうぞお召し上がり下さい。

HOTワード
#水なすのお漬物 #金華さば缶 #祇園にしむら #荻窪 すぱいす #デリー カシミール #葉山 マーロウ #タンギョー 来々軒 #ピェンロー 鍋