世界最大級の超大粒黒ブドウ

『藤稔(ふじみのり)』山梨県勝沼産 3Lサイズ×2房 (1房約550g) ※冷蔵

商品説明

黒ぶどう「藤稔(ふじみのり)」は、高級ぶどう「ルビーロマン」の親にあたる品種。
1985年7月に神奈川県藤沢市長後地区の青木一直氏が「人々に喜ばれる葡萄」をテーマに開発、品種登録し、日本各地に広まりました。 しかし、房落ちがしやすいため非常に気を使わなければならず、また年々もっと栽培しやすくて扱いやすい新品種が登場してきたことから、生産量はかなり減っているのが現状です。

直径が500円玉以上、重さは20g以上にもなる実は、1粒で口の中がいっぱいになります。大粒になる分、成長過程でどの実を間引くかをしっかり見極めなければならず、また、房落ちしやすいので栽培から収穫、配送までもの凄く丁寧に扱わなければいけないデリケートなぶどうでもあります。種がないので食べやすいですし、黒ぶどうならではの風味、甘さも文句なしに旨いです。

★今の時期おすすめのフルーツはこちら

【この商品は配達日指定が出来ません】
配送 佐川急便

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

×のし不可

価格2,780円(税込)

 販売終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • ●【到着日時】について
    【発送の翌日着】東北(岩手・山形・宮城・福島)・関東・中部・関西(和歌山を除く)
    【発送の翌日着(午後2時以降)】東北(青森・秋田)・中国・四国・和歌山
    【発送の翌々日着】北海道・九州・沖縄・一部の離島
    ●産地直送品の為、他商品と同梱が出来ません。同時購入の際は『別途送料』が必要です

    ●【銀行振込・郵便振替】をご選択のお客様は、
    「発送週の月曜日、12時」までにご入金をお願い致します。期日を過ぎますと、発送が遅れる場合がございます。
    ●のしやメッセージカード、ギフト包装等の対応は出来ません。

店舗からのお知らせ(豊洲市場ドットコム)

  • ※ギフト包装や紙袋等のご用意はできかねます。
    ※入荷状況によって、お届けが遅れる場合がございます。
    ※転売目的での購入はお断りいたします。
    ※同梱は「店舗名:豊洲市場ドットコム」の同梱可能商品と同梱可能です。他店舗との同梱は基本的にできかねます
  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

       
店舗 豊洲市場ドットコム
商品番号 T0087-S2013
セット内容 『藤稔(ふじみのり)』山梨県勝沼産 3Lサイズ×2房 (1房約550g)
原材料名 山梨県産 ぶどう
獲得ポイント ログインして確認
消費税率 8%軽減税率
消費期限 目安として出荷から3〜4日
保存方法 冷蔵
販売情報  販売終了

【勝沼は日本のブドウの歴史そのもの】
日本におけるブドウ栽培の始まりは2説あり、まず1つは大善寺説。奈良時代の僧・行基が修行の満願の日に右手にブドウを持った薬師如来が夢枕に立ったので、早速その像を彫り、大善寺に安置したところ、ブドウの樹を発見。それを薬草として育て村人に広めたとするものです。
もう1つは雨宮勘解由説。1182年、農民の雨宮勘解由が石尊宮を参詣した際に他のヤマブドウとは異なる樹を発見し、それを持ち帰って栽培したものが広まったとするものです。
時代も異なる2説ですが、いずれも場所は現在の勝沼。つまり勝沼こそが日本のブドウ発祥の地であるというのは、どうやら間違いなさそうです。

その後、江戸時代に甲州街道が整えられると、そこを通って幕府にブドウが献上されるようになり、その余剰が神田の青物市場で取引されるなど、勝沼のブドウが商品としての価値を持つようになります。
また、松尾芭蕉は「勝沼や馬子もぶどうを食いながら」と歌い、食の図鑑「本朝食鑑」にも「甲州ブドウを第一」とする記述が残っているなど、この時代には「勝沼=ブドウ」としてすっかり定着しました。

この商品の取扱い店舗

豊洲市場ドットコムこの店舗の商品一覧

お取り寄せサイト「うまいもんドットコム」の姉妹サイト「豊洲市場ドットコム」は、 2004年から「築地市場ドットコム」として運営をスタートしました。
(2018年10月の豊洲移転にともない、サイト名称を変更)

わたしたちは買参人の資格を取得し、市場の卸や仲卸と一心同体で動くことで、産地情報や商品情報をいち早く入手してきました。
そのため、一般店頭には並ばない希少種やプロを唸らせる魅力ある食を、皆様にご紹介することが可能です。
最高の鮮度・味の良さ・低価格・安定供給・多品種セットなど、豊洲ならではの商品企画を実現します。

HOTワード
#水なすのお漬物 #金華さば缶 #祇園にしむら #荻窪 すぱいす #デリー カシミール #葉山 マーロウ #タンギョー 来々軒 #ピェンロー 鍋