『下関 天然とらふくのひれ酒用ひれセット』 10枚入り

商品説明

高級料亭古串屋で出される、トラフグのひれ酒をご家庭でもお楽しみいただける商品です。
ヒレ酒は、ヒレに含まれるアミノ酸などの旨味成分が酒に溶け出し、特有のおいしさを作ります。 1合の酒には2枚位が適当な量です。古串屋の特別な製法でしっかりと焼いてあるので、全く生臭さは感じません。
湯呑みに焼いたヒレを入れ、熱めの熱燗を注ぎ入れます。 お好みですが、熱燗を注ぎ入れた後、火をつけてアルコールを飛ばしてしまえば、純粋に日本酒の旨味とじっくり炙ったふぐの出汁の旨味が混じりあった最高のスープに仕上がります。 ヒレを入れてから、大体3〜5分で最高のふぐひれ酒が出来上がります。
★下関 明治4年創業「古串屋」について、詳しくはこちら

※ご確認ください※
2018年12月25日〜31日間の出荷商品に限り「熨斗」のご対応が出来かねます。予めご了承ください。

目利きの一押し

飲んだ翌朝、『昨晩のひれ酒は美味しかったな〜』とつぶやかせてくれる『天然とらふくのひれ酒用の焼きひれ』です。
お店(古串屋)では、本醸造の辛口を75度〜80度の高温の燗酒にして、2枚のひれを入れた器に注ぎ、お客様に提供しています。贅沢にも『つぎ酒※2杯以降を継ぎ足すこと』はしません。
その代わり、ひれを酒肴としてつまむ方もいるそうです。
私も食べてみましたが、確かに、これが美味しい!びっくりです。
ご自宅では、1枚で作っても十分に美味ですし、つぎ酒をしても良いです。
お店のメニューでは1杯1500円ですから、値打ちあるお裾分け企画です。
ひれ酒のイメージが変わる、まさに究極のひれ酒をご自宅で堪能できます。
忘れていけないのは、普通に燗して美味しい辛口の本醸造を熱々にすることです。大吟醸や甘口のお酒では魅力が発揮されません。
株式会社食文化 代表取締役 萩原 章史

【この商品はお届け日の指定が可能です】
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格3,888円(税込)

販売期間:'18/9/27 00:00 ~ '19/4/27 10:00 販売終了

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • ※「おせち」、「お重」と「とらふぐ・しゃぶしゃぶのセット」を同時にご購入の場合、別便での配送となります。
    ※「おせち」、「お重」と「ひれ酒ひれセット」及び「ポン酢」は同梱が可能です。その際に重複送料をいただいている場合は、ご連絡の上、ポイントにてご返金いたします。

店舗からのお知らせ(古串屋)

  • ※ご注文のキャンセル・変更はお届け希望日の4日前までにお申し付け下さい。

    年末年始は繁忙期につき、「熨斗」の対応不可でございます。何卒ご了承ください。
    ※「おせち」「お重」と「とらふぐ・しゃぶしゃぶのセット」を同時にご購入の場合、別便での配送となります。
    ※「おせち」「お重」と「ひれ酒ひれセット」と「ポン酢」は同梱が可能です。同梱できる場合で、重複送料をいただいている場合は、ご連絡の上、ポイントにてご返金いたします。
  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

       
店舗 古串屋
商品番号 T0036-S0003
セット内容 天然とらふぐのひれ10枚(ひれ酒用加工)
原材料名 天然とらふぐのひれ
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限 1ヶ月程度(常温で、密封容器にシリカゲルなどを入れ、湿気のないところに保管)
保存方法 常温で、密封容器にシリカゲルなどを入れ、湿気のないところに保管
出荷期間 '18/10/1 ~ '19/4/30
販売情報 販売期間:'18/9/27 00:00 ~ '19/4/27 10:00 販売終了

ひれ酒用のお酒は、スーパーなどで売っている比較的お手頃な日本酒で構いません。むしろ高級な日本酒はひれ酒には合いません。 店によって作り方は微妙に異なるので、「これが正しい方法」というものはありませんが、 最初は熱めの熱燗を注ぎ入れ、2杯目以降は少々ぬるくても構いません。「火をつけてアルコールを飛ばす」か「火をつけない」かは、飲む人の好みでお選びください。

■古串屋のふぐひれの加熱方法
オーブンに大量のひれを入れ、弱火で2時間じっくり火を入れます。途中何度か混ぜながら、全体にまんべんなく焼き色がつくように、時間をかけ、丁寧に仕上げてあります。

この商品の取扱い店舗

古串屋この店舗の商品一覧

<古串屋>
古串屋は江戸時代に毛利氏の支藩があった「長府」(現在の下関市長府南之町)で明治四年に創業した老舗料理旅館です。高杉晋作や乃木希典がこよなく愛した歴史に裏打ちされた確かな業が光ります。ふく料理とうに料理をとことん味わえる本物の御宿です。 ご主人に一番のこだわりはとお聞きすると「ふくの身の質にもっとも気を使っています。弾力があり、あめ色の身が最高です」と言うお答えでした。当然、天然のとらふぐだけを使用しています。

<維新ダイニング十楽>
古串屋の支店として2004年11月オープンしたダイニングです。和食を中心にイタリアンメニューなども豊富に取り揃えております。本店『古串屋』の味をリーズナブルな価格とオシャレな空間の中で楽しんでいただける、今、下関で注目を浴びている飲食店です。

HOTワード
#ブータン産松茸 #ランブータン #スイカジュース #もも食べ比べ #極上パーティープリン #夏ギフト2019 #全国の鮎あゆ #日本産マカ #嶽きみとうもろこし #うなぎ蒲焼の缶詰 #モクズガニ #ドライカレー #黒いちじく #いとしのきみ