若狭小浜  鯖へしこ 1本 (約900g)

商品説明

伝統の保存食のたまらぬ香り。 熟れた塩気で酒もすすむ

目利きの一押し

「へしこ鯖」は若狭、丹後半島に伝わる伝統料理。越冬のための保存食である。漁師たちの酒肴としても親しまれてきた。  脂ののった鯖を天然塩で締め、国産の米糠とともに樽に詰め、一年近く熟成させる。鯖は水分が抜けて硬く締まるが、脂は残り、強い塩味が中までしみて、凝縮された魚の旨味はしっかり主張する。 焼くと独特の香りが増し、好きな人にはたまらない。唐辛子のぴりっとした辛味も加わり、塩辛いだけではない、複雑な味わいが堪能できる。酒も呼ぶが、ご飯の友としてもいける。  鯖はノルウエーで揚がる、ごく脂ののった大型のものを使用。焼かずにそのままでも食べるのも乙。通の方にお薦め。

撮影・近藤正一 取材&スタイリング・坂本久美、信夫京子(プラネット ライブラリー)

【この商品はお届け日の指定が可能です】
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 メッセージ入れ対応

価格1,944円(税込)

販売中

カートへ入れる

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

       
店舗 小浜海産物
商品番号 T0067-S0001
セット内容 鯖へしこ 1尾(約900g)
原材料名 鯖(ノルウェー産)、食塩、米糠、唐辛子
獲得ポイント ログインして確認
賞味期限 出荷日より 90日間
保存方法 要冷蔵 10℃以下で保存

小浜の晩秋から初冬は、海の味覚が最も熟れる時です。中でも『鯖へしこ』は、脂ののった鯖を天然塩で押し、国産米糠をまいて樽に詰め一年近く熟成させたものです。若狭地方の伝統食で漁家のみならず庶民の保存食として永く重宝されており、現在では若狭の特産品、みやげ物として人気を博しています。
軽く糠を落として焼くと、食欲をそそるたまらなくいい香りで、あつあつの白ご飯、お茶漬や酒の肴によく合います。また通の食べ方として刺身も近年流行っており、そのまま皮を取って薄くスライスし、三杯酢をかけても美味しくお召し上がり頂けます。

この商品の取扱い店舗

小浜海産物この店舗の商品一覧

小浜の晩秋から初冬は、海の味覚が最も熟れる時です。中でも『鯖へしこ』は、脂ののった鯖を天然塩で押し、国産米糠をまいて樽に詰め一年近く熟成させたものです。若狭地方の伝統食で漁家のみならず庶民の保存食として永く重宝されており、現在では若狭の特産品、みやげ物として人気を博しています。焼くと食欲をそそるたまらなくいい香りで、あつあつの白ご飯、お茶漬や酒の肴に、また通の食べ方として刺身も近年流行っております。

HOTワード
#お中元2019 #蒸しウニ缶詰 #あゆ漁解禁 #じゅんさい #国産生ライチ #日本産マカ #レモンオリーブオイル #牛乳瓶ウニ #八木澤商店 奇跡の醤(ひしお) #うなぎ蒲焼の缶詰