宮崎産完熟マンゴー『時の雫《極み》』 3Lサイズ 450g〜509g×2玉 化粧箱入

商品説明

『時の雫』の中でも外観が美しく、より糖度の高い『時の雫《極み》』です。

『時の雫』は太陽のタマゴと同等レベルですが、《極み》は果実全体が赤色で、見た目が美しく、糖度が17度以上というその上をいく規格です。(太陽のタマゴの上位ランクである、赤秀でも全体の1/5が黄色、青秀でも1/3が黄色で、糖度が15〜16度以上)
マンゴーは見た目で美味しさの予測がつく果物と言われており、手にしていただければ、いかに素晴らしい状態であるか、お分かりいただけると思います。 トロピカルな甘みとねっとりとした食感、すっきりした後味はそのままに、ダントツの美しさを誇りますので、最上のマンゴーを求める方やご贈答用におすすめいたします。
きむら農園のマンゴーはこちらをご覧ください。

収穫次第順次発送予定ですが、天候に左右されるため、出荷が遅れる場合や出荷が早まる場合もございます。予めご了承ください。
樹上で完熟を待ち、熟れて枝から落果したものを順次お届けいたしますので、着日指定はお受けいたしかねますが、お届け希望日がある場合は、注文時のリクエスト覧にご記入ください。出来る限り対応させていただきます。
写真は、『時の雫』のイメージ画像となります。

【この商品は配達日指定が出来ません】
配送 ヤマト運輸

送料を確認する

お支払方法 カード 銀行振込 代引き

のし対応 ×メッセージ入れ不可

価格12,900円(税込)

7/22〜27出荷 売り切れ

ログインしてお気に入り登録

ご注文前に必ずお読み下さい

  • ※2セットまで同一送料でお届けできます
    ※銀行振込・郵便振替をご選択の場合、
    【発送前週の月曜日、正午12時】までにご入金下さい。期日を過ぎると発送が遅れる場合がございます。

店舗からのお知らせ(アグリストリーム きむら農園)

  • ※産地出荷につき、ギフト包装や紙袋等はご用意できません。
    ※熨斗は短冊熨斗にてご用意いたします。
  • ※商品画像はイメージです。

この商品へのお問い合わせはこちらから

       
店舗 アグリストリーム きむら農園
商品番号 T0187-S0006
セット内容 宮崎産 完熟マンゴー 『時の雫・《極み》』
3Lサイズ 2玉
原材料名  
獲得ポイント ログインして確認
消費期限 目安として配達日より3〜4日
保存方法 常温もしくは食べる直前に冷蔵

きむら農園のこだわり
糖度の計測は非破壊計測で行い、糖度計測は箱に入っているマンゴーの右側面を3回計測し、平均値を出します。太陽のタマゴ基準を満たしていることを確認して出荷しています。また、全収穫量の7割が「太陽のタマゴ」相当であるところも、きむら農園の強みです。
【完熟マンゴーの収穫】
収穫前になると、樹になったままの果実にネットをかぶせ、ひたすら待ちます。収穫には、鋏(はさみ)を使いません。やがて完全に実が熟れると自然にポトリと枝から落果します。それをネットで受け止めて収穫するのです。これが宮崎完熟マンゴーです。
【マンゴーの栄養価】
マンゴーは、ビタミンAを多量に含んでおり、カロテンは、「もも」の実の122倍含まれています。ビタミンEは、「ぶどう」の実の18倍含まれています。その他にビタミンB、C、カルシウム、ミネラル等の栄養が豊富な果物です。
また、体内でビタミンA(レチノール)に変わるβカロテンの量が多いのが特徴です。
さらに、葉酸、食物繊維も多く、カリウムも比較的多く含んでいます。
【保存方法と食べ頃について】
完熟の状態でお届けいたしますので、なるべくお早目にお召し上がりください。常温のままお召上がりいただいたほうが、甘みや香りをお楽しみいただけますが、冷えた状態で、清涼感をお楽しみいただく場合は、食べる1時間前に少しだけ冷やすのがお勧めです。

-----------------------
「太陽のタマゴ」JA宮崎経済連の認定選果基準
(1)自然に落果するまで樹上で完熟させた、特に食味・  外観の優れた果実
(2)経済連が定める県統一基準を満たす果実
  ・品位:「青秀」以上
  ・階級:「2L」以上
  ・糖度:「15度」以上

この商品の取扱い店舗

アグリストリーム きむら農園この店舗の商品一覧

木村氏は、2008年3月に東京、新潟でのサラリーマン生活から就農のため夫婦で宮崎へ移住しました。 2011年春に初めてのマンゴーの収穫、出荷を経験しました。 生産しているマンゴーは、アーウィンという種類で、日本では一般にアップルマンゴーとして表わされています。 ご存知のように香りや味に強すぎる癖が無く日本人にはとても親しみやすいマンゴーです。 2012年は初出荷にもかかわらず、全収穫量の7割が宮崎県の完熟マンゴーのブランドである「太陽のタマゴ」の基準を満たしました。 ちなみに宮崎県下では、太陽のタマゴの基準を満たすマンゴーの収穫は、県内の農家の平均が20%に満たないといわれています。 非常に質のよいものを初年度から収穫・出荷できたのは偶然ではありません。 素人であるが故に、教えられたことに忠実に手間とコストを惜しまず栽培した結果です。

HOTワード
#もも食べ比べ #バスクチーズケーキ #夏ギフト2019 #蒸しウニ缶詰 #全国の鮎・あゆ #日本産マカ #牛乳瓶ウニ #八木澤商店 奇跡の醤(ひしお) #うなぎ蒲焼の缶詰 #新物いりこ #う な ぎ